Site Overlay

専門学校のオンライン授業にむけて

ニュースにもなっていますが、新型コロナウイルスの影響はあちこちで出ています。飲食店や商業施設が営業自粛になったり、京都の有名な観光地には閑古鳥が鳴いたり、宿泊施設が悲鳴を上げたりと。

うちがデザインのお仕事頂いているお客様にもいろいろな影響が出ています。京都の飲食店や商業施設、商社、メーカーなど、打ち合わせをしていても景気のいい話は何も出てきません。

「デザイン事務所はどうですか?」と聞かれますが、他のお客さんに比べ、幸いなことにあまり大きな影響は受けていないので、「あまり普段と変わらないです。」と答えづらいのが正直なところです。ただ、これから遅れて影響が来るかもしれないので、うちもどうなるかわかんないですけどね。

これら企業の影響のほかに、非常勤講師をさせてもらっているデザインの専門学校は大変な影響をうけています。コロナが流行りだした今年の3月にあるはずだった卒業式も簡素化されましたし、新年度の入学式やオリエンテーションは軒並み中止となっています。普通だったらもう始まっている授業も開始が5月からに延期となり、授業コマ数の短縮や在宅での授業をどのように行うのかなど、色々な所に影響が出ていて大変です。

そんな中、「5月からの授業をどうしよう?」という専門学校の先生同士の会議で、今はやりのzoomを初めて使ってオンライン会議というものをやりました。

これが流行りのzoomだ!

すごいですね。今の技術って。改めてそう思いました。

はじめは、「途中で回線が切れるのかな?」とか、「遅延して上手く喋ってることが聞こえないんじゃないか?」とかいろいろ思ってたんですけど、全然そんなことはなく、普段喋ってる感じでスムーズに使うことが出来たので、「そりゃ流行るわな。」と強く思いました。

肝心の授業はオンライン授業として行う事になりそうなので、学生たちにはかわいそうな想いをさせてしまうのですが、すべてはコロナが悪いので、1日でも早く収束して学校でみんなと会えることを楽しみに待ちたいと思います。

コロナで残念な想いも多々ありますが、こうやって新しい仕組みやサービスが普及するいいきっかけになって、未来の学校授業の形や、企業活動の形が変わっていけば、より便利な社会になるんじゃないかな~と、最後くらい明るい希望を持ちたいですね。


Scroll UpScroll Up